FILE [ファイル] | 田園調布・京都のインテリアショップ | STAFF BLOG

オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などデザイン性と機能性に優れた商品を使ったインテリアを提案する京都のインテリアショップfile。インテリアを楽しむ...それは自分なりの美や、価値を身近なモノの中に置き日々の生活を豊かにすること。自分とモノとの相性、空間全体をとらえたモノ選びが重要です。オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などを使った上質なインテリアを提案します。

STAFF BLOG

田園調布、京都店のスタッフが日々の情報を発信します。

CH71
FILE京都店に新しい仲間が加わりました!

ハンスJ.ウェグナーが1952年に発表した、通称ミニベアチェアとも言われているCH71。
70年代より生産されていませんでしたが、待望の復刻です!

戦後のデンマーク同様、スペースに限りのある日本の住宅事情下でも使いやすくコンパクト、かつ美しくデザインされています。
圧迫感のない適度なボリュームはどの角度から見ても上品な存在感。
もちろん、機能性にも優れています!

木部はオーク材・ウォルナット材から、張地は多様なファブリックからお選び頂けます。

ぜひ座り心地、触り心地を体感しに来てください!
No.1ソファ by ボーエ・モーエンセン
デンマークのデザイナー、ボーエ・モーエンセンによるNo.1ソファをご紹介します。

デンマークのモダンデザインの礎を築いたと言われるコーア・クリントに師事し助手としてデザインを学び
マイスター資格取得。
同じ年で親友のハンス・J・ウェグナーと商品を作り、競い合うなど公私ともに親交があったようです。



No.1ソファは1955年に作られ、ボーエンセン生誕100年にあたる2014年に再発表されました。
座りやすい重厚なソファなのに重々しくないのは薄いフレームがなせる技。
存在感はあるけれど、どんなインテリアにもなじむデザインですね。
長く愛されるのも納得です。



生地は上記の5種類ほか、京都店にあるお好きな生地でカスタマイズも可能です!

京都店で展示していますので実際に座り心地や質感を確かめることもできます。
見て、触って、座って、No.1ソファを体感してください!!

新商品が入荷致しました!
もう少しで母の日ですね〜僕は生みの母に育ての母が計3人もいるので、毎年何を送るか悩みます!!

今年はベタにカーネーションとアジサイにしときました。

皆さんも、感謝の気持ちを伝えちゃいましょう!

では新商品の紹介です!


Sunbeanのステンレスティーポットです!

ステンレスのボディーに黒のラインが数本入っており、カッコイイな素直に思います!

キッチンにインテリアとして飾っていても、ぐっときます。

実用的にも使えます!!

まさに、文武両道の品ですね。まさに僕です!!。。。。はい


購入希望はこちら→http://shop.file-g.com/?pid=58770090
新商品が入荷しました。
ゴールデンウィーク真っ最中ですね!

連休中はほとんどカフェ勤務の僕ですが、いつもの土日以上に沢山の方が来て頂きました。

ありがとうございます!

パンもお菓子も大分認知されて来たようで、わざわざパンとお菓子を買う為に電車とバスを乗り継いで来た方も
多数おられました。

パンは早朝に焼いているので売れたら補充ってのは難しいですが、
お菓子はなるべく補充出来る様に作り手の方が、その場で焼いたりしています。

特に最近は「本日のケーキ」がとても人気で一体何周するだ?て感じの勢いです!

ちなみに今日は苺のタルトだそうです!

昨日はブラックチェリーのティラミスでしたが、毎度毎度喜びの言葉を頂いております。

デリに関しても、お持ち帰りされる方も多数おられるので、夕方には売り切れになってる事もあります。

デリもとても美味しい物ばかりです!

流石は食材と会話していると言うだけありますね〜Tさんは!!

まだまだゴールデンウィークは続きますよ〜是非FILE CAFEにお越し下さい。



新商品の紹介です。

ロイヤルコペンハーゲン/アクセル・サルト/カップ&ソーサーです。

ロイヤルコペンハーゲンは僕が小さな頃から家に沢山あったので、身近な物でした。

お婆ちゃんが好きで集めていたそうです。食器に大きく絵が書いてある物は、それしか無かったので、

子供ながら「何なんだろうと?」と思っていのは遠い思い出です。

・・・エアガンで壁に掛けてあったコペンハーゲンのお皿を撃って落として割ってしまい、お婆ちゃんに怒られ納戸に一日閉じ込められたのも良い思い出です。

その日、映画ジュラシックパークを観に連れていってもらう予定でしたが、キャンセルになってしまったのは苦い思い出です。。。

そんな僕にとっても思い出深いロイヤルコペンハーゲンですが歴史はかなり永くロイヤルの名に相応しい食器だと思います。


ボーンホルム島で良質のカオリンが発見されて、1773年フランツ・ヘンリック・ミュラーがデンマークで初の硬質磁器を完成させ事に成功したそうです。

その2年後にクリスチャン7世国王とユリアナ・マリア王太后の援助によって「ロイヤルコペンハーゲン」王室御用達窯へ、

さらに1779年ユリアナ・マリア王太后がマイセンより技術者を集めて、民間企業だったこの窯は王室が株を買い占め、王立デンマーク磁器製陶所となったそうです。


1868年、王室はロイヤルの称号を残すことを条件に、窯の株式を大商人のブラックに売却し、民間企業となっているみたいです。

凄いですよね!! 僕も調べてる最中にかなり永い歴史がある事にビックリしました。

そんな素敵なカップとソーサーがあれば、優雅なティータイムを演出出来る事でしょう!


購入希望の方はこちらへ→http://shop.file-g.com/?pid=58606876
新商品が入荷しました!
世間はゴールデンウィークですね〜非常に羨ましい!!

そしてすぐに梅雨が来ますね〜学校が大嫌いだった僕は梅雨の事、セカンドゴールデンウィークと呼んでいました。

「雨の日は学校に行かない」「濡れてまで、行くような場所じゃないと」とよく言ってましたね。

THE10代ですね!

ちなみにどうして、大型連休をゴールデンウィークというか知ってますか??

由来は、映画会社の大映が松竹と競作して1951年に同時上映となった獅子文六原作の『自由学校』が大映創設以来

最高の売上を記録したそうで、

正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで、映画界でこの時期に

多数の動員を生み出すことや活性化を目的として当時の大映常務取締役であった松山英夫によって

作成された宣伝用語だそうです!

他にも秋のシルバーウィークというのもあったそうですが、浸透しなかったみたいですね。


さて新商品の紹介です!


「AJ ウォールクロック bankers 160mm」です!

20世紀でもっとも影響力のある建築家兼デザイナーであるアルネ・ヤコブセンがデンマーク国立銀行の為にデザインした時計です。

なんでも、永遠の名作と言われているそうです。

確かに何十年も前のデザインとは思えないですよね!

名を残したデザイナーを先の先の未来が見えているのかもしれませんね。


購入希望の方はこちら→http://shop.file-g.com//?pid=58404400/a>
LE KLINTのSnowdropがオンラインショップに入荷しました。


皆様、お待たせ致しました。去年、店頭販売がスタートして、その後オンライン販売致しますと告知していたのですが、ようやく今日、オンライン販売もスタート致しました。

前回記事がこちらです→http://staffblog.file-g.com/?page=2

オンラインショップはこちら→http://shop.file-g.com//?pid=55437630

店頭に展示してますので、是非ご覧になってくださいね!お待ちしてます!!
テーブルメンテナンス

本日はテーブルのメンテナンスについてご紹介します。
今回は京都店で打ち合わせの際に使用しているウォールナットのダイニングテーブルです。
打ち合わせの際、図面等の書類だけでなく、タイルやブリック、建材なども置くため天板面はこの通り傷だらけになっています。
と、いうことで京都市内にある自社工場でメンテナンスをしました。


今回はウレタン仕上げをオイル仕上げに変更です。
傷だらけの天板の塗装を剥がします。ウレタンは塗膜が強靭ですが、しっかり全てを剥がしていきます。
もちろん脚や幕板もしっかりと。
ようやく塗装面が全て剥離できて、木の素地が顔を出します。
ここからは細目のサンドペーパーを使い、手作業で表面を整えていきます。
仕上がり後の風合いや、質感はこの工程で決まるので、念入りに丁寧に仕上げます。
最後に仕上げ用のオイルを塗り、全工程が終了です!


以上の工程を経て、ダイニングテーブルがショップに戻ってきました。
傷の補修の際に、ずっと気になっていた角のたった箇所もしっかり面を取り、全体的に優しい雰囲気に仕上がりました。
まるで新品!生まれ変わりました!


数年お使い頂いたテーブルもメンテナンスで見違えるようになります。
価格はデザイン等により異なりますが¥50,000-〜程度になります。
詳しくは各ショップまでお問い合わせ下さい。
京都店:075-712-0041/目黒店:03-3716-9111
新作ダイニングテーブル入荷!


当社オリジナルの新作ダイニングテーブルが入荷しました。
今回の新作は、木の自然なぬくもりを存分に楽しみ・感じて頂けるよう
天板には巾が広く、節有りのオーク無垢材を使用しています。



どのシーンにも合わせやすいシンプルなフォルムの中にワンポイント、
天板と脚との間にくぼみをいれたデザインが特徴です。



サイズ:W1800 D900 H730
材/仕上げ:オーク材オイル仕上げ
価格:174,300円(税込)


サイズオーダーは可能で他の材もお選び頂けます。
現在京都店にて展示しておりますので、
気になる方は是非一度お越し頂き、見て触れて
木のすばらしさを実感してみてはいかがでしょうか。

また去年に引き続き京都店ではセールも開催中です。
お越し頂いたお客様からは、

「なんでこんなに安いの!」
「同じような家具、他の所で高く買っちゃった。」
「おもしろい物がたくさんあるね♪」

等々・・・お喜びの声や感動の声をたくさん頂いております。

寒い中来て頂くからには何か一つでも
喜んで、得して、来て良かったなと思って帰って頂けるような
思いで皆様のお越しをお待ちしております。

SALE品も続々と入れ替わりますので、
お時間がある際には是非ともFILEにお立ち寄り下さいませ。
aronatura/アニマルアロマ シカ

新しくaronatura/アニマルアロマ シカが入荷しました。
香りはキリンと同じレモンのglassです。
とても可愛いので是非チェックしてみてください。

オンラインショップはこちら→http://shop.file-g.com//?pid=52480921
ArchitectMade Oscar - アーキテクトメイド オスカー

ArchitectMade Oscarがオンラインショップに入荷しました。
僕は犬が大好きなので、この商品も無論お気に入りです。FILEにはワラという犬(スタッフ)がいるのですが、
ぼーーーっっとよくしています。 このオスカーも僕はボーーーとしているようにしか見えません。
そこがとても愛くるしいですね。

オスカーは体のパーツが部分、分かれているので『お座り』『お手』『伏せ』『二足立ち』等も出来ちゃいます。
オスカーの生まれは、デンマークのブラブラン市でデザイナーはハンス・ブリング
家具、住宅、マンションなど幅広く手がけてきたそうです。

このデザイナーさんは凄いですね。オスカーを作った人はてっきり小物を専門作るデザイナーこと思ってました!

オスカー、熱しやすく飽きやすい僕には、本物の犬を飼う権利はないので、僕にはオスカーがうってつけかもしれませんね。

そんな愛くるしいオスカーを自宅に招きたい方こちら→http://shop.file-g.com/?pid=52227278
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES