FILE [ファイル] | 田園調布・京都のインテリアショップ | STAFF BLOG

オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などデザイン性と機能性に優れた商品を使ったインテリアを提案する京都のインテリアショップfile。インテリアを楽しむ...それは自分なりの美や、価値を身近なモノの中に置き日々の生活を豊かにすること。自分とモノとの相性、空間全体をとらえたモノ選びが重要です。オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などを使った上質なインテリアを提案します。

STAFF BLOG

田園調布、京都店のスタッフが日々の情報を発信します。

CH24/Y CHAIR LIMITED EDITION
世界中から親しまれ愛されているYチェア。
ハンス・J・ウェグナー生誕105周年にあたる4月2日に1日限定でYチェアの特別バージョンが発売されます!

今回の限定品は1950年の発売以来、初となるレザーの座面。
1990年代に実験的に試作された幻の仕様でペーパーコードではないYチェアの発売は初だとか。
ウォルナット材と赤いゴートレザー仕上げの美しいコントラストになっており経年変化も楽しめます。

京都店にて展示しています。
見て座って体感してください!

価格:¥170,000(税抜)
店頭受付日:2019年4月2日(火)※1日限定発売(数量限定なし)
オンラインショップ予約受付中 2019年4月2日(火)まで
納品予定:2019年9月〜10月頃
http://www.fileonline.shop/shopdetail/000000000455
CH71
FILE京都店に新しい仲間が加わりました!

ハンスJ.ウェグナーが1952年に発表した、通称ミニベアチェアとも言われているCH71。
70年代より生産されていませんでしたが、待望の復刻です!

戦後のデンマーク同様、スペースに限りのある日本の住宅事情下でも使いやすくコンパクト、かつ美しくデザインされています。
圧迫感のない適度なボリュームはどの角度から見ても上品な存在感。
もちろん、機能性にも優れています!

木部はオーク材・ウォルナット材から、張地は多様なファブリックからお選び頂けます。

ぜひ座り心地、触り心地を体感しに来てください!
Yチェアの秘密
先日、お客様からご案内いただき『Yチェアの秘密』の著書である坂本茂氏と西川栄明氏による
Yチェアの講義・実演へ行ってきました。

ハンス・J・ウェグナー の家具、北欧家具、どうやって日本に紹介されていったのか等
興味深い話をたくさん聞くことができました。

そして、実演。



20数年カール・ハンセン&サンの職人をされていた坂本氏によるYチェアの座面(ペーパーコード)張替えは
”美しい”の一言。

約45分足らずで編み上げてしまう職人技に感動しました。

美しいデザインと熟練の技によって時代を超えて愛される理由を再認識しました。
No.1ソファ by ボーエ・モーエンセン
デンマークのデザイナー、ボーエ・モーエンセンによるNo.1ソファをご紹介します。

デンマークのモダンデザインの礎を築いたと言われるコーア・クリントに師事し助手としてデザインを学び
マイスター資格取得。
同じ年で親友のハンス・J・ウェグナーと商品を作り、競い合うなど公私ともに親交があったようです。



No.1ソファは1955年に作られ、モーエンセン生誕100年にあたる2014年に再発表されました。
座りやすい重厚なソファなのに重々しくないのは薄いフレームがなせる技。
存在感はあるけれど、どんなインテリアにもなじむデザインですね。
長く愛されるのも納得です。



生地は上記の5種類ほか、京都店にあるお好きな生地でカスタマイズも可能です!

京都店で展示していますので実際に座り心地や質感を確かめることもできます。
見て、触って、座って、No.1ソファを体感してください!!

ウォールナット材のローテーブル
ウォールナット材のローテーブルを製作させていただきました。

最近はローテーブルの高さを500mm位でご提案することが増えてきました。

500mm位の高さだとホームパーティーをしたとき等にダイニングからあふれた人達が

ソファで食事を摂ることも可能です。

また普段のtea timeでも姿勢が楽な気がします。ローテーブルをご検討中の方は店頭でお試し下さい。

オーク材のベッド
今回は節ありのオーク材を使ってベッドを製作させていただきました。

ベッドのデザインとのバランスで、節は少なめにしましたが、

少し節を入れるだけで、面白い質感が出てモダンな空間に置いてもいい存在感が出ます。

またベッドの機能性で特に重要なのが『通気性』と『すのこの強度』です。

今回はベッドの下に抽き出し収納がついているタイプなので両サイドに大きな空気の通り道を

つけています。そうすることによって抽き出し収納の上は塞いで、中にほこりが入らないようにすることが出来ます

風水の気と同じで、空気がしっかり流れるようにしておくことはとても重要です。

また近年の多種多様なマットレスの機能を最大限に発揮出来るようにするには、

通気性と強度の高いすのこが必要です。

無垢の角材を細かいピッチで沢山入れることにより通気性にもムラが出来ずに強度を高く保つことが出来ます。

納品時はお客様にもとても喜んでいただけて、

あとはこのベッドで毎日いい夢をみていただけることを祈るのみです!






















テーブルメンテナンス

本日はテーブルのメンテナンスについてご紹介します。
今回は京都店で打ち合わせの際に使用しているウォールナットのダイニングテーブルです。
打ち合わせの際、図面等の書類だけでなく、タイルやブリック、建材なども置くため天板面はこの通り傷だらけになっています。
と、いうことで京都市内にある自社工場でメンテナンスをしました。


今回はウレタン仕上げをオイル仕上げに変更です。
傷だらけの天板の塗装を剥がします。ウレタンは塗膜が強靭ですが、しっかり全てを剥がしていきます。
もちろん脚や幕板もしっかりと。
ようやく塗装面が全て剥離できて、木の素地が顔を出します。
ここからは細目のサンドペーパーを使い、手作業で表面を整えていきます。
仕上がり後の風合いや、質感はこの工程で決まるので、念入りに丁寧に仕上げます。
最後に仕上げ用のオイルを塗り、全工程が終了です!


以上の工程を経て、ダイニングテーブルがショップに戻ってきました。
傷の補修の際に、ずっと気になっていた角のたった箇所もしっかり面を取り、全体的に優しい雰囲気に仕上がりました。
まるで新品!生まれ変わりました!


数年お使い頂いたテーブルもメンテナンスで見違えるようになります。
価格はデザイン等により異なりますが¥50,000-〜程度になります。
詳しくは各ショップまでお問い合わせ下さい。
京都店:075-712-0041/目黒店:03-3716-9111
新作ダイニングテーブル入荷!


当社オリジナルの新作ダイニングテーブルが入荷しました。
今回の新作は、木の自然なぬくもりを存分に楽しみ・感じて頂けるよう
天板には巾が広く、節有りのオーク無垢材を使用しています。



どのシーンにも合わせやすいシンプルなフォルムの中にワンポイント、
天板と脚との間にくぼみをいれたデザインが特徴です。



サイズ:W1800 D900 H730
材/仕上げ:オーク材オイル仕上げ
価格:174,300円(税込)


サイズオーダーは可能で他の材もお選び頂けます。
現在京都店にて展示しておりますので、
気になる方は是非一度お越し頂き、見て触れて
木のすばらしさを実感してみてはいかがでしょうか。

また去年に引き続き京都店ではセールも開催中です。
お越し頂いたお客様からは、

「なんでこんなに安いの!」
「同じような家具、他の所で高く買っちゃった。」
「おもしろい物がたくさんあるね♪」

等々・・・お喜びの声や感動の声をたくさん頂いております。

寒い中来て頂くからには何か一つでも
喜んで、得して、来て良かったなと思って帰って頂けるような
思いで皆様のお越しをお待ちしております。

SALE品も続々と入れ替わりますので、
お時間がある際には是非ともFILEにお立ち寄り下さいませ。
J49京都店に入荷致しました!
ブラック

ホワイト

ビーチ

1944年戦時下の慎ましい暮らしが続く中、ボーエ・モーエンセンがFDB(コペンハーゲンの生活協同組合)
の為にデザインした椅子が復刻致しました。
市民に親しまれたウィンザーチェアを再構築し、「手頃で良いデザインを」とモーエンセンの思いは、
等身大の生活を楽しみはじめた現代の流れにとても良くフィットします。

写真の様なホワイトやブラックの他に
DIYでお好きな色に塗る事も出来る、ビーチ材無塗装25,200円(税込み)〜もございますので、
アイデア次第でインテリアの幅が広がりますね。
京都店にCH33,CH337が入荷しました!


60年経った今でも世界中で愛され続けるYチェア。そのデザイナーであるハンス・J・ウェグナーは他にも沢山の椅子をデザインしていますが、1957年から10年間だけ製作され、日本未発売だったCH33がこのたび復刻致しました。
思わず笑みがこぼれてしまう愛嬌のある背もたれは、絶妙なラインで体を包み込み、長くサイドに延びたカーブがちょっとした肘掛けににもなります。価格は仕様により異なりますが56,700円(税込)〜となります。



今回は同じくウェグナーがデザインしたダイニングテーブルCH337と併せて展示しています。
フレキシブルな使い方ができる伸長式の楕円テーブルです。よくダイニングテーブルをご相談頂く際に、無垢材天板の反り止めの幕板が邪魔だとお伺いする事がありますが、こちらは「この幕板が無いと!」と思える彼ならではのデザイン。Yチェア同様フォルムと機能が両立されたCH33とCH337は、ウェグナーという人にますます魅了されてしまいます。
ぜひFILE 京都店まで現品をご覧にご来店下さいませ。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES