FILE [ファイル] | 田園調布・京都のインテリアショップ | STAFF BLOG

オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などデザイン性と機能性に優れた商品を使ったインテリアを提案する京都のインテリアショップfile。インテリアを楽しむ...それは自分なりの美や、価値を身近なモノの中に置き日々の生活を豊かにすること。自分とモノとの相性、空間全体をとらえたモノ選びが重要です。オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などを使った上質なインテリアを提案します。

STAFF BLOG

田園調布、京都店のスタッフが日々の情報を発信します。

【数量限定復刻】PHウォーター・ポンプとは



数々の名作を生み出しているルイスポールセンから、幻のフロアランプ「PH3/2琥珀色ガラスフロアランプ(ウォーター・ポンプ)」がリミテッドエディションに選ばれ、数量限定復刻されることになりました。


日本では2019年11月より250台限定発売です。今までヴィンテージでしか手にいれることができなかったアイテムが復活すると世界も大注目。そこで今回は、このウォーター・ポンプの魅力についてご紹介したいと思います。


ルイスポールセンが初めてこの驚嘆すべきランプを発表したのは60年以上も前のことです。デンマークの照明のパイオニアであるポール・ヘニングセンがこの新型読書ランプをデザインしたのが1957年、その独創的で際立ったデザインからすぐに「ウォーター・ポンプ」と呼ばれ親しまれるようになりました。


ウォーター・ポンプは、光源の眩しさを抑え光の質を高めるためにポール・ヘニングセンが1926年に考案した、アイコニックな3枚のシェードが使われています。光源が直接目に入りにくく手元の明るさを確保できるので、ゆったりと落ち着いた光の下で読書を楽しむことができます。また、アームやシェードの角度、高さを変えることもできるので、編み物や裁縫など細かな作業をする時などにも最適です。ウォーター・ポンプが長年愛されている理由は、デザイン性の高さだけでなく、生活の中に溶け込む使い勝手の良さを感じられる「本物」だからでしょう。





今回の復刻盤のウォーター・ポンプは、シェードに琥珀色の吹きガラスを採用しています。表面が光沢、裏面がマット仕上げになっており、温かみのあるゴールデントーンの光が人と空間を柔らかく照らします。またアーム、支柱、ベースは無塗装のヘアライン仕上げの真鍮になり、より質感の高い洗練された印象に。以前にもましてスタイリッシュな佇まいになったウォーター・ポンプは、温かみのある光によってどんなスタイルの部屋にも優しい空間を作りだします。

フロアランプはインテリアのアクセントとして気軽に取り入れやすいのも魅力です。名作「ウォーター・ポンプ」であなたのくつろぎの場をより居心地の良い空間へと演出しませんか?







» FILE オンラインショップ ご購入ページはこちら
フロアランプの効果



以前の東京ショールームでのことです。

何度か打ち合わせにいらしていたお客様がある時、部屋に入った瞬間に「あれ?なにかいつもと雰囲気が違う。なんか変わった?」と言われました。

もちろん家具や雑貨などの場所はいつも通り、違うことといえばいつも点けていたフロアランプをその日はつけていませんでした。点けると「そうそう!これか〜。凄いね。全然違って感じる」と。

東京のショールームにはルイスポールセンのパンテラ フロアとPH3.1/2-2.1/2 フロアがいつも灯っています。

ヴァーナー・パントンのデザインによるパンテラ フロアは、丸みを帯びた近未来的フォルムが特徴です。
アクリル製の半球型シェードに光が透過し全体に広がるため、柔らかい拡散光がFILEの空間をいつも優しく包み込んでくれます。

また撮影などで必ず紹介されるのがカールオーボックのテーブルとその横に置かれているPH3.1/2-2.1/2 フロアランプのコーナー。ここが一番素敵に見える場所なのかもしれません。まさにフロアアンプの効果ですね。





突然ですが、皆さんのお部屋に照明はいくつありますか?部屋全体を明るく照てらすシーリングライト1灯だけという方もいらっしゃれば、フロアランプやウォールランプなど柔らかい灯りを複数置いている方もいらっしゃると思います。

一年の大半を家の中で過ごす北欧の人達は、居心地の良い空間づくりがとても上手ですよね。この北欧の人達は、ほとんどシーリングタイプの照明は使わず、ペンダントライト、フロアランプやテーブルランプで過ごしています。
「自分の過ごす場所に必要な灯りがあればそれでいい」という考え方なので、キャンドルの火を灯すように照明をつけていくそうです。

日本ではフロアランプの効果がまだあまり浸透していませんが、灯すことによって部屋の印象を大きく変えることができます。冒頭でのお客様が感じた「違い」は、フロアランプが作り出した演出効果です。もちろん今はそのお客様宅でもリビング空間を素敵にしてくれています。

一番簡単にお部屋の雰囲気を変えられるフロアランプ、1つでもお部屋に置いてみてはいかがでしょうか?


【フロアランプの特徴】

▼壁面を照らすことで立体的な空間を演出
部屋のコーナーや壁の近くにフロアランプを設置することで、立体的な空間を演出し部屋を広く見せる効果もあります。

▼移動させやすく、手軽に部屋の印象を変えられる
ペンダントタイプの照明などは移動させようと思うと結構手間がかかりますよね。フロアランプの良い所は気軽に移動させられることです。灯りを追加したい時などにもとても重宝します。また引っ越し先や新築の時も、住み始めてから灯りの足りない場所が分かってきたりするので、その時もフロアランプは活躍してくれます。


また、フロアランプをご検討の方に朗報です!

幻のフロアランプとして有名なルイスポールセンの「PHウォーターポンプ」が復活し、250台限定で販売されます。





PHウォーターポンプは、ポール・ヘニングセンが1957年にデザインした新型読書ランプで、美しいフォルムと細部にまで考えられたデザインが称賛されたフロアランプです。

ソファに座った時の目線の高さより少し高いので、光源が直接目に入りにくく、手元の明るさを十分に確保することができます。また、アームやシェードの角度や高さを変えられるところも使い勝手がよく、細かな作業をする時にも向いています。

今回の限定商品は、琥珀の吹きガラス製シェードと真鍮の組み合わせの特別仕様です。シェードは表面が光沢、裏面がマット仕上げで、温かみのある光で空間を柔らかく照らしてくれますよ。

数量限定入荷のため、なくなり次第終了となります。ぜひこの機会にルイスポールセンの名作のフロアランプで、部屋の印象を変えてみてはいかがですか?




» FILE オンラインショップ ご購入ページはこちら




PH3 1/2-3 限定品
北欧や日本の限られたショップでのみ販売のレアアイテムをご紹介します!

1920年代から30年代初頭のポールヘニングセンのオリジナルにもとづくデザイン。

美しい光の中で最大の障害となる光源(グレア)が直接見えないよう計算しつくされた構造になっており、調和のとれた眩しさのない光が周囲を美しく照らします。

3枚のシェードは自然界の様々なところで観察される対数螺旋のカーブがつけられ光がどの角度から当たっても同じ角度で反射します。
この仕組みにより滑らかな光のグラデーションを作ることができるのです。

真鍮のソケットにはPHの刻印も。

ハンドメイドの厚みのある乳白ガラスからの柔らかい光は上質で心地よくどんなインテリアにも馴染みます。

FILEオンラインショップで10台のみ限定販売中!
ブラウンコードはFILE特注です!!
京都店にて展示していますので是非ご来店ください。
(展示品はブラックコードになります。)

» オンラインショップはこちら
PH 3½-3 Copper
ポール・ヘニングセン生誕120周年記念

リミテッド・エディション PH 3½-3 Copper!!!



一般的なPHシリーズとは違い名前の通り銅が使われいるので

使えば使う程に味を出してくれる事間違い無しです。



日本での受注期間は 3月1日〜6月30日までです。
4ヶ月間しか販売されないので、お気をつけ下さい。


店頭にも展示してあるので、是非ご覧下さい。


それにしても120周年・・・120年前日本は日清戦争の真っ只中

歴史を感じます!!
いつか、家に欲しい照明!

素敵とは思いませんか??

今、欲しい物で部門別堂々の第一位です。
(ちなみにゲーム部門はwiiuです。てへ)

いつかはこれを手に入れて、この照明の下で本でも読みたいですね〜
優しい明かりが、本を照らしてくれて読書。。最高!

しかし、残念ながら僕は電子書籍派なんで、あまり関係ないです。。

この照明はlouis poulsenのPH5 PLUSというやつです。
発売50周年を記念して発表した物がこれだそうです!

何でもPHとは、デザイナー、ポール・ヘニングセン(Poul Henningsen)の頭文字からと、そしてシェードの直径が50センチということから、「PH5」と命名されたと言われているそうです。

だから僕の場合だとTK50です。。誰も聞いてませんね。。
ちなみにTK50を検索してみたら『トルコ航空 TK50便』あるそうです。
これも誰も聞いてないですね。。。。。。。すみません。

それにしても、年を重ねる毎に欲しい物は変わっていきますね!

小学生の時はポケモン関連ばかりで、中学の時はエアージョーダンやスニーカー、高校は洋服、
そして、今は照明!

何が嬉しくて僕は今、提灯みたいな照明をつけているのでしょうか。。 
照明は家の中でもっとも長時間使う物の一つ、それを自分の気に入ったデザインの物に変えるだけでも、
日々の生活での心持ちが変わると思います。

家具でも同じ事が言えると僕は感じます。

なので、僕も今、部屋を改造中です!!


見せて欲しいですか??????

一人でも見せて!とメールでも頂ければ、アップしたいと思います。


店頭で実物が見たい方は是非ご来店ください。PH5の他にも素敵な照明を揃えています!
お店→http://www.file-g.com/shop/furniture_work/

通信販売を希望の方はこちら→http://shop.file-g.com//?pid=42526221

LE KLINTのライト/スノードロップ

店頭にLE KLINTのライト/スノードロップが入荷しました。

このLE KLINTのライトなんですが、今まで店舗に展示はしていなかったのですが、
先日、スタッフのHさんが海外出張に行った際に、新ためて見ると素敵なデザインだと思ったらしく、
店舗に展示する事になったそうです。

僕は、このライトがとてもカヌレに見えました。そしてカヌレを食べたくなったので、通販で注文しました。
このライトのポイントは昼間の明るい時間帯でも、とても存在感があり、暗くなれば、とても優しいフワっとした明るさで、素敵なムードを引き立ててくれると思います。

そんなLE KLINTのライトですが歴史がとても永く、20世紀初め建築家のP.V.イエンセン・クリントが紙を規則的に折り上げて作る手作りのランプシェードを生み出したのが始まりで、元はクリント家の趣味の延長戦だったらしいです。

趣味の延長で、こんなに人々から愛される物を作ってしまうなんて、凄いですね。大人が趣味に本気になると仕事になるんですね〜僕も昔、趣味でマリオを20分でクリアしようと本気になっていたのですが、それは何にも繋がらなかったです。。繋がるはず無いやろ!と声が聞こえてきそうですね。。。

さてライトの話に戻りますが、機能的にも優れた明かりの名品として知られてるみたいで、1943年にはLE KLINT社が創立されたそうです。その後も快進撃は止まらず、デンマーク王室御用達に選定されるほどに!
2013年には創立70周年を迎えるみたいですが、1世紀経った今でもクリント家の手作りならではのフォルムは当時の精神とともに受け継がれているそうです。

ちなみに、このライトのデザイナーはハリットソレンセン+サムソンという三人組。
ハリットとソレンセンは機能面の充実、サムソンは作品に女性的ラインを。
伝統と現代的ヒネリを加える事に成功しスノードロップは人気を集めているとの事。

少し残念なのが、名前にスノーではなくカヌレと付けて欲しかったですね。
皆さんもそう思いますよね!!

LE KLINTのライトは近日にオンラインショップにも入荷するので、そちらの方でもチェックできますので。

オンラインショップはこちら→ http://shop.file-g.com//
展示してある店舗→http://file-g.com/shop/furniture_work/
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES