FILE [ファイル] | 田園調布・京都のインテリアショップ | STAFF BLOG

オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などデザイン性と機能性に優れた商品を使ったインテリアを提案する京都のインテリアショップfile。インテリアを楽しむ...それは自分なりの美や、価値を身近なモノの中に置き日々の生活を豊かにすること。自分とモノとの相性、空間全体をとらえたモノ選びが重要です。オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などを使った上質なインテリアを提案します。

STAFF BLOG

田園調布、京都店のスタッフが日々の情報を発信します。

<< 【数量限定復刻】PHウォーター・ポンプとは | main | 【一生ものファブリック】ウールってどんな素材? >>
五感を研ぎ澄ますテーブル「DT-3」



東京のショウルームにて。打ち合わせ中のとあるお客様が、FILEオリジナルテーブルのDT-3を触りながら「この肌さわり、いつまでも触っていたくなる感触ですね。質感の良いものは無意識に手が伸びてしまうような」とお話ししてくださいました。


DT-3ダイニングテーブルは、天板と脚部分がまるで離れているかのようなデザインで、角の曲線や手触りなど熟練した自社工房の職人によって、丁寧に磨かれて製作しています。







このなめらかな質感は、一度触ると忘れられないほど。東京のショウルームにいらっしゃるお客様のほとんどが、DT-3を触ると同じ事をおっしゃるそうです。


人間は、外部からの知覚を感知する能力「五感」をもっています。


視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の5つの感覚から様々な情報を受信しています。この五感は誰もが持ち合わせている能力で、人はこの五感を使って日々の生活をしています。


しかしこの五感は意識して使わないと、鈍ってしまうもの。そしてこの五感を日々の生活の中で研ぎ澄ませるには、上質なものや本物を触り感じることが大切です。偽物や化学的なものばかりと触れ合っていると、五感が働かなくなり物事に鈍感になってしまいます。


そして五感が働かなくなると「直感」が鈍ります。


直感は、考察や推理など倫理的思考ではなく、感覚的に物事の決断を下すことができる能力のことを言い、「第六感」ともいわれています。


日々生活していると、「直感」で物事を判断し、答えを導きだす必要性に迫られる場面が多々訪れますね。そんな時、頭で考えるのではなく、心(直感)で感じるものを選択すると大抵上手くいく気がします。


実際、多くの著名人やスポーツ選手もこの直感を信じて行動している人が多いです。ブルース・リーの名台詞「考えるな、感じろ」は、まさに直感のことを言っていますよね!


生活の中で「なんとなく良い、好き」という自分の気持ちを大切に物選びをすると、結果的に人間本来の大切な感覚が養われていくと思います。


冒頭でお話したDT-3の『いつまでも触っていたくなるような気持ち』も、頭で考えるのではなく身体や心が感じる感覚ですよね。





特にテーブルは毎日触れるものなので、五感を鍛えるにはもってこいの家具です。見て触って、自分の心が喜ぶ上質なものを選ぶことは、結果的に生活や人生を豊かにしてくれると思います。


また子供は大人よりも五感が優れているので、小さいうちから上質なものを触らせると良いと言われています。


物選びで迷った時は、頭で考えず五感や六感を信じてみて下さいね。日々の生活で五感を研ぎ澄ませましょう!




» FILE FURNITURE WORKS『DT-3 Dining Table』
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES