FILE [ファイル] | 田園調布・京都のインテリアショップ | STAFF BLOG

オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などデザイン性と機能性に優れた商品を使ったインテリアを提案する京都のインテリアショップfile。インテリアを楽しむ...それは自分なりの美や、価値を身近なモノの中に置き日々の生活を豊かにすること。自分とモノとの相性、空間全体をとらえたモノ選びが重要です。オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などを使った上質なインテリアを提案します。

STAFF BLOG

田園調布、京都店のスタッフが日々の情報を発信します。

《ライフスタイルに合わせたリフォーム》施工例 その
ライフスタイルに合わせてリフォームされたお宅の施工例、第2弾です!


玄関は存在感のあるウォールナットのシューズボックス。
シンプルな作りなので、大きくても圧迫感は感じません。
ディスプレイされているのは中島完さんの茶箱道具、ウォールナットの質感とマッチしていますね。

同じくウォールナット材と薄いベージュのタイルで統一された洗面室。
浴室も同じタイルのため一体感があります。

洗面台の向かい側にはビルトイン洗濯機とFILEオリジナルの造作収納です。
キッチン同様、収納するものに合わせたもの。
左側にはパイプが吊ってありハンガー掛けができるため洗濯物を一時的に掛けることもでき作業がスムーズに行えます。
家事の小さなストレスも解消!

最後はワークスペース。
デスク後ろは壁面収納があり、本を置いたりディスプレイしたりフレキシブルに演出できます。

床にはウールサイザルのカーペット。
ウールって聞くだけで「暑いのでは?」と思いがちですが、ウール素材は多くの繊維の中でも
群を抜いて汚れにくく、空気を緩衝材にし快適な環境を保つので夏でもサラサラしています。

リフォームによって家が整うと、日々のルーティンワークを丁寧にしようと思わせてくれたり
何でもない日々の中でも幸せを感じることができそうです。
《ライフスタイルに合わせたリフォーム》施工例
ハンス・J・ウェグナーのベアチェア、フィンユールのポエトソファ、ルイスポールセンの
アーティチョーク等々…
憧れのアイテムがふんだんに取入れられた施工例をご紹介します!!

ご夫婦お二人でお住いのW様邸。
現在のライフスタイルに合わせてご自宅の一部をリフォーム。

ガラスの吹き抜けで開放感のあるリビング。
名品の家具に混ざって置かれたTV下のキャビネットはFILEオリジナル。
両端のカーブ部分までスライド式になっています。

キッチンのバックキャビネットは収納する食器や道具を先に採寸してオーダーメイド。
以前使われていた壁一面の収納は、奥行きが深かったため奥に入れたものが出しにくいとのことで浅い扉収納に。
また、カウンターを設けることで家電を置くことができ、作業スペースも確保できました。

キッチンは既存のものをリノベーション。
内部収納を使いやすいように作り直しました。
物の収まる場所が決まると、物を増やさないように思えたり片付けも楽しくなりますよね。

ダイニングの後ろのキャビネットもFILEオリジナル。
中央上は手前に倒れスライド式になっており、PCを出さなくてもそのままPCデスクに。テーブルにわざわざ出さなくても作業が出来てしまいます。

(リビングから見たキッチン)
持っているものに合わせて造作できるのもオーダーメイドのなせる技です♪
上質でシンプルな暮らしぶりが伺えるお宅でした。
次回はサニタリー、ワークスペースをご紹介します。
Yチェアの秘密
先日、お客様からご案内いただき『Yチェアの秘密』の著書である坂本茂氏と西川栄明氏による
Yチェアの講義・実演へ行ってきました。

ハンス・J・ウェグナー の家具、北欧家具、どうやって日本に紹介されていったのか等
興味深い話をたくさん聞くことができました。

そして、実演。



20数年カール・ハンセン&サンの職人をされていた坂本氏によるYチェアの座面(ペーパーコード)張替えは
”美しい”の一言。

約45分足らずで編み上げてしまう職人技に感動しました。

美しいデザインと熟練の技によって時代を超えて愛される理由を再認識しました。
掲載誌のお知らせ
記録的な雨の後、一気に夏本番になりました。

体調管理に気をつけて夏を楽しみましょう!


7/15発売の『&home』にプランコーディネートさせていただいたお客様のお宅が掲載されています。

なんと表紙に!!

各部屋にテーマを設け、カラーコーディネートされているので部屋によって様々な表情が楽しめる素敵なお住まいです!

紙面では暮らしやすさを配慮した細かい箇所へのこだわりも知ることができます。

ぜひ、ご覧ください!!



No.1ソファ by ボーエ・モーエンセン
デンマークのデザイナー、ボーエ・モーエンセンによるNo.1ソファをご紹介します。

デンマークのモダンデザインの礎を築いたと言われるコーア・クリントに師事し助手としてデザインを学び
マイスター資格取得。
同じ年で親友のハンス・J・ウェグナーと商品を作り、競い合うなど公私ともに親交があったようです。



No.1ソファは1955年に作られ、ボーエンセン生誕100年にあたる2014年に再発表されました。
座りやすい重厚なソファなのに重々しくないのは薄いフレームがなせる技。
存在感はあるけれど、どんなインテリアにもなじむデザインですね。
長く愛されるのも納得です。



生地は上記の5種類ほか、京都店にあるお好きな生地でカスタマイズも可能です!

京都店で展示していますので実際に座り心地や質感を確かめることもできます。
見て、触って、座って、No.1ソファを体感してください!!

臨時休業のお知らせ
本日、悪天候の為、京都店 臨時休業致します。

明日より通常営業致します。

ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承の程、よろしくお願い致します。
<心地よい暮らしのためのリノベーション>施工例
ご夫婦と小さいお子様2人の4人家族の横浜市のO様邸。
O様ご家族は海外赴任でインドにお住まいでした。
一時帰国の際にお電話をいただき、現調と他1回のお打合せで
鍵をお預かりしてそのままメールとラインのやりとりだけで着工。
実はこのパターン以外とあるのです。
(先日のS様はパキスタンにお住まいでやはりご帰国に併せての新築でした。)

O様は半年後のご帰国のタイミングに合わせ、素敵なインテリアにしたいということと
2人の小さなお子様(男の子)が散らかしがちとのことで、
いつも奇麗に保てるお部屋にしたいというのがご希望でしたので
床・壁はほぼそのままでキッチンと室内ドア、収納扉を全て交換、
洗面は面材、天板、ボウル、水栓金具を交換しました。

寝室に造り付けの収納家具とリビングにストリングシステム、
オリジナルのソファも納品させていただきご帰国後
そのまま暮らせるようお引き渡しまでに片付けて完成!
床・壁はほぼ変更しませんでしたが、帰国されたときのお楽しみということで完成まで
写真も見られておられなかったO様ご夫妻、ご主人より『凄い!別の家みたいじゃん!!』とのお喜びの言葉をいただきました!

その後「キッチンにモノがのっていることが気になるようになりました」と言われていたのですが
先日伺った際は更に沢山の不要なモノを処分されたらしくとってもスッキリより素敵に暮らしておられました。
…ということで私たちファイルのリノベーションサポートの目標は達成されました!
施工例 浦安市 T様邸
新築の施工例ご紹介です。

ご夫婦とお子様2人(小学生)の4人家族のT様邸。
約10年前にマンションリフォームをさせていただきましたが、今回土地を購入されて新築サポートをご依頼いただきました。
設計、施工は住宅性能などに満足度の高いジューテックホームさんです。

全体のイメージは「木」「黒」「グレー」を御希望、ご主人と奥様では少しデザインの
お好みが違ったようでしたがお二人ともご満足いただけたようでした!

まず今回はキッチンをご紹介します。こちらは奥様のご希望で…。
奥様のこだわりは木の天板。
朝の忙しい時の朝食はキッチンカウンターで、とのことでアイランド型に。
たっぷり収納をとってLDKのモノの収納もキッチンに集約。
すっきりとした印象ですが実はすごい収納力なんです!



またお家全体に床暖房を設置、キッチンの床のタイルは蓄熱暖房機のように
足元からお部屋全体を暖かくしてくれるのでフローリングとは違ったメリットがあります!
サッシはトリプルガラスにと寒さ対策も万全!こちらは新築ならでは。
冬でもTシャツでアイスクリームが食べられます。笑

家具も以前に納めさせていただいたモノ含めほぼFILEオリジナルで揃えていただいていますのでリビング編、家具編はまた後日ご紹介いたします!
施工例 大田区 S様邸
春を通り超して夏の陽気になってきました。
今日から大型連休の方も多いのはないでしょうか!?

おひさしぶりの施工例のご紹介です!

大田区のS様邸。
新築の間取りや収納、内装、外装デザインのコーディネートをさせていただきました。
設計、施工はジューテックホームさんです。

シップテーブルはご主人がとても気に入られて唯一譲れないと言われたそうです。
家族や仲間が集まるテーブルをパワースポットにという思いを込めてお造りしているテーブルです。

パキスタンにお住まいで、昨年の夏一時帰国の際にご来店。
その後はメールとラインでのやりとり、年末のご帰国の際の打ち合わせで完成。
(10年以上前から家を建てるときは当社でと思っていただいていたそうです。涙!!)

こだわりの詰まった素敵なキッチンでは、お料理教室をされる予定。

長く海外にお住まいでしたので和の落ち着いた雰囲気にしたいとのことでした。
素敵な空間での、奥様のお料理教室も楽しみですね!

さくら
東京ショールームの庭には大きな桜の木があります。
ただいま、満開です!
ハラハラ散る桜吹雪にも癒されています!
虫たちも活発に動きはじめ、新芽もつき始め、生き物すべてが春を待ち望んでいたようにも思えます。



先日、外国人の友人と隅田川クルーズやみなとみらいでゴザを引いてお弁当食べながらお花見を満喫してきましたが
お花見は日本特有の風習だとか!
しかも海外では外での飲酒が禁止されている所も多く、日本のお花見を見てビックリする方も多いようです。

「春夏秋冬」という言葉がありますが、これくらいはっきりと四季で気候が変化する国はあまりなく
日本では古くから四季を愛でる風習があり貴族は四季を楽しむ今でいうパーティを楽しんでいたそうです(笑)
俳句では季語を入れたり、四季を意識したグルメなど、今も昔も日本人は四季を全力で楽しむ文化が
根付いてるように思います。

忙しくてお花見する時間がない方もちょっと桜を見て癒されてみてはいかがでしょうか♪
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES